「たかが水虫で大げさな……」その危険が”命”取りに!?

足の親指部分が、白く濁っており、形が変形している……

見た目がボロボロになっている……

あなたの爪は、爪水虫になっているかもしれません!

思い当たるフシがある方は、まずは爪水虫の症状チェック!

○爪水虫の症状チェック


  • 爪が厚い
  • 爪の色が濁っている
  • 爪の表面がボロボロ崩れてくる
  • 爪の表面に筋のようなモノがある
  • 爪の周りに炎症がある
  • 爪の周りが痛いorかゆい
  • 靴などを履く時に爪に痛みを感じる

上記項目に1つ以上、当てはまったら爪水虫かも知れません!

[爪水虫を放置する5つのリスク] 命に関わる病気を引き起こす場合も!

通常の水虫よりも、「やっかい」と言われる爪水虫は、足にできる水虫と違い、”爪”に水虫の原因となる白癬菌(はくせんきん)が感染しているため、かゆみを感じません(爪には知覚神経が通っていないため)。

ある程度、爪水虫の原因菌である白癬菌が爪周辺の皮膚まで侵食してくると、かゆみ・痛みを感じることがありますが、この段階になるまで多くの人は爪水虫を治療しようとはしません。

なぜなら、初~中期の爪水虫は症状が出ても見た目が悪いだけで、他の水虫と同じように「痛み」「かゆみ」「不快感」を感じることがないから。

多くの人が「自分で治そう」と自力治療しようとしてしますが、適切な治療を行わないと、たとえ爪水虫だったとしても、命に関わるってご存知でしたか?

[爪水虫を放置する5つのリスク] 命に関わる病気を引き起こす場合も!

  1. 治りにくくなる
  2. 他の爪にも感染する
  3. 家族にも白癬菌が感染する
  4. 二次感染を引き起こす
  5. 手や全身にたくさんの水疱が現れる

見た目以外に、特に害がないからと爪水虫を放っておくと、上記の5つのリスクを引き起こします。

もちろん、特に効き目がない自力治療を繰り返し、自分で爪水虫を治そうとした場合も、同様のリスクが引き起こされるのは、言うまでもありません。

1.爪水虫が治りにくくなる!

そもそも爪水虫は、他の水虫に比べると治りにくく、完治に時間がかかります。

通常の水虫同様に、爪水虫も皮膚のバリア機能が低下して、白癬菌に感染したことが原因ですが、爪水虫は爪の中に白癬菌が感染してしまっているため、通常の水虫よりも治療に時間がかかるのです。

しかも、爪水虫を放置していると、爪の奥深くにまで白癬菌が侵食していくので、どんどん爪水虫が治りにくくなってしまいます。

2.他の爪にも感染する

通常の水虫同様に、爪水虫も治らない状態が続くと、他の爪にもどんどん侵食していき、感染を拡大させます。

親指の爪だけでも、なかなか治らなかったのに、それが爪全体に広がるとさらに治りにくくなる――このため爪水虫は効果的な早期治療が重要なんです。

3.家族にも白癬菌が感染する

爪水虫の原因菌である白癬菌は、いろんなモノを媒体に、他の人へと移っていきます。

「家族共用のトイレスリッパ」「足拭きマット」「足を拭いたタオル」など、爪水虫のアナタのせいで家族まで、白癬菌が感染してしまい、家族みんな揃って水虫に……なんてこともありえるのです!

特にまだ肌バリア機能が弱いお子さんほど、白癬菌の被害に合いやすいため、小さなお子さんがいるご家庭は、早急に爪水虫を完治させる方が良いでしょう。

4.二次感染を引き起こす

「たかが水虫」と思われがちですが、爪水虫を放置していると、二次感染を引き起こし、一般的な「水虫」に感染してしまうことがあります。

爪水虫+水虫のダブルコンボは、治療が非常に厄介です。

さらに爪水虫の代表的な二次感染例である蜂窩織炎(ほうかしきえん)を引き起こしてしまう可能性もあるのです!

○「蜂窩織炎」ってどんな病気?


「蜂窩織炎」とは、皮膚の深いところから皮下脂肪組織にかけて炎症を起こす化膿性の細菌感染症ことです。

皮膚の深い部分にまで、細菌が侵食し、細胞の周りに存在するコラーゲンなどの細胞間質を溶かしながら、細胞自体を壊死させる恐ろしい病気です。

症状としては

  • 足全体の痛み・腫れ
  • 足の付け根のリンパ腺の腫れ
  • 倦怠感
  • 発熱

などを引き起こします。

また、この蜂窩織炎を治療せずに放置すると、細胞壊死が広がり、最悪の場合は生命に危険をもたらすこともあります。

出典:公益社団法人 日本皮膚科学会「皮膚科Q&A」より

5.手や全身にたくさんの水疱が現れる

爪水虫・水虫を放置していると、身体が白癬菌に対してアレルギー反応を引き起こしてしまうことがあります。

「白癬疹(はくせんしん)」と呼ばれる、このアレルギー反応は足の水虫が悪化した際に、一般的には手にたくさんの水疱が現れます。

ただ、アレルギー反応がひどくなってしまうと、手だけに収まらず発疹が全身に現れることもあります。

このように爪水虫を放置していると、自分だけでなく、家族も巻き込んで、さまざまな病気になるリスクを上げてしまいます。

また、爪水虫を治療しようと、効き目の薄い市販薬――特に飲み薬を長期間服用するようになると、今度はその市販薬のせいで肝臓の機能が低下する場合もあります。

医学誌も認めたその効果!『クリアネイルショット』とは?

ドラッグストアや薬局などに行けば、足の爪のトラブルに効果があるとされる商品が販売されています。

しかし、大半の商品は、効き目を実感するまでに時間がかかるということをご存知ですか?

一般的な足の爪トラブル用の商品は“塗るタイプ”のモノが多く、問題となる患部に直接塗り、それを何度も繰り返すことで、爪に浸透して効果を発揮します。

ただ、爪は皮膚とは異なる「ケラチン」という硬いタンパク質(エビの殻などと同じ)で出来ており、通常爪の奥深くまで何かが入り込むのは難しい性質があるのです。

すでに爪の奥まで侵食してきていたとしても、新たに成分が爪の奥底まで浸透するのは、非常に困難です。またドラッグストアなどで販売されている製品は、爪への浸透まで考慮しておらず、足爪のトラブルに効果がない場合もあります。

足爪の悩みを改善しようと思ったら、爪の奥深くにまで成分が浸透するタイプを使用する必要があるのです。

だからこそ浸透力特化型の『クリアネイルショット』なのです!

[クリアネイルショットVS 通常の製品] 足の爪トラブル

現在、足爪トラブル用の製品は大きく、塗り薬タイプ・クリームタイプ・ジェルタイプの3つに分類されます。

「皮膚」にトラブルが出来てしまい、それをケアするのであれば、ジェルタイプでなくとも、塗り薬や液薬タイプ、クリームタイプでも良いのですが、爪のトラブルの場合は、ジェルタイプが最適となるケースが多いのです。

その理由は先にもご説明した通り、爪は皮膚よりも遥かに成分が浸透しにくいからです。

塗り薬タイプの場合

一般的な塗り薬タイプ、ハケを使って爪に塗るタイプの製品は、残念ながら爪の奥深くまで浸透する前に蒸発してしまい、成分が爪の“表面”に残ってしまいます。

これでは、爪の奥深くにまで根付いたトラブルを解消することは出来ません。

クリームタイプの場合

それでは次にジェルタイプと似ているクリームタイプの製品はどうなのでしょうか?

クリームタイプは爪よりも、爪の周りの皮膚に成分がゆっくり浸透していき、角質層ごとにトラブルを退治して行きますが、爪に対する浸透力は塗り薬タイプよりも高いものの、ジェルタイプには――『クリアネイルショット』には及びません。

まだ足爪トラブルになる前の柔らかい爪であれば効果は期待できるのですが、爪の層が分厚くなった足爪トラブルに対しては、クリームタイプの利点を活かし切ることが出来ません。

ジェルタイプの場合

最後にクリアネイルショット、ジェルタイプの場合は、どうなのでしょう。

ジェルタイプは、蒸発するまでに時間がかかるように設計されているので、ゆっくりと爪の奥深くにまで成分が浸透していきます。

つまりジェルタイプの方は、他のタイプに比べて爪の奥深くまで、成分が浸透しやすいのです!

さらにクリアネイルショットは爪の表面にある「親油性」(しんゆせい)の膜とよく馴染むように設計されています。

クリアネイルショットは他のジェルタイプの製品と異なり、爪表面にある油の膜に馴染みやすくするために、有用成分をオイルで包み込んだ<浸透力特化製法>のジェルで作られています。

特別な製法で作られたクリアネイルショットは、他のジェルタイプの足の爪のトラブル対策製品よりも、爪の奥深くのにまで浸透しやすい。

そしてその結果、爪の奥深くに根付いたなかなか退治しにくいトラブルにまでしっかり届くのです!

つまりクリアネイルショットなら、硬く、しつこいトラブルを抱えた足の爪にも、しっかりと浸透し、爪の奥まで浸透するからこそ、スピーディーにアプローチしやすくなっているのです。

こういった理由からも足の爪の悩みを抱える方は、クリアネイルショットがオススメなのです。

[クリアネイルショットVS 通常の製品] 使いやすさで選ぶなら、どっち?

今まではなかなか太刀打ち出来なかった爪の奥底にあるトラブルにも期待が持てるクリアネイルショットですが、使いやすや使用感はどうなのでしょうか?

多くの製品なは1日に1~2回塗り込まなければなりません。

さらに、効果が出るように使うなら、ガーゼや脱脂綿に成分を染み込ませ、それを貼り付ける必要があります。

その点、クリアネイルショットは、すでにジェル状になっているため、わざわざガーゼや脱脂綿を使う必要はないので、手軽に使いやすい。

さらにお風呂上がりに1回だけ、患部とその周辺に塗り込めば良いだけなので、ナニかと忙しい女性でも問題なく続けられそうです!

[クリアネイルショットVS 通常の製品] ニオイはどちらも強いです……

それでは、クリアネイルショットと通常の製品、気になるニオイに関しては、どうなのでしょうか?

足の爪のトラブル用の製品を使ったことがある人なら、お分かり頂けると思いますが、多くの製品は臭いが強烈です。

クリアネイルショットは「竹酢液(ちくさくえき)」「ティーツリー葉油」「レモンティーツリー(レプトスペルムムペテルソニイ油)」を仕様しており、すこし異なる、独特の香りがします。

どちらの製品も、ニオイに関しては気になる部分があるかも知れません(ただし、どちらもしばらくするとニオイは消えます)。

効き目で選ぶなら、断然『クリアネイルショット』がオススメ!

クリアネイルショット 塗り製品 クリーム系製品
浸透力
爪水虫 △~○ △~○
使いやすさ 1日1~2回
お風呂上がり
1日1~2回
ガーゼや脱脂綿が必要な場合も
1日1~2回
ガーゼや脱脂綿が必要な場合も
ニオイ 素材独自のニオイ 強いニオイがあるものも 強いニオイがあるものも

クリアネイルショットは、他社製品と比べてもお分かり頂けるように足爪のトラブルを、美しく健康的な爪へと導きます!

しかも、クリアネイルショットは医学誌にも掲載された経験をもち、作っている企業も東証一部に上場している権威ある会社なので、ネームバリューこそ他社より弱い部分はありますが、安心して使用することが可能です。

また、クリアネイルショットを製造している「(株)北の達人コーポレーション」では、全額返金補償サービスも行っており、足爪トラブルに対してクリアネイルショットが並々ならぬ自信があることが伺えます。

もしも、アナタが足の爪のことで悩まされているのなら、その場しのぎではない本物の商品を選んでみてはいかですか?

そして3ヶ月後の今日、人前で自分の素足を晒せるようになりませんか?

81%が効果を実感!爪水虫の根本対策には『クリアネイルショット』



爪水虫